早大セミナーへようこそ!

学習指導要領答申

中教審は12月21日、小中高校で2020年度から順次全面実施する

次期学習指導要領の改定案を文部科学相に答申しました。

主なポイントは次の通りです。

 

小中高に共通

「どう学ぶ」「なにができるようになるか」を重視

問題解決や対話を通じて主体的に学ぶアクティブラーニングを導入

各科目の中でプログラミング教育を実施

 

小学校

3,4年で「外国語活動」 英語に親しむ

5,6年で英語を正式教科にする

授業時間が6年間で140時間増加

中学校

高校の世界史が必修ではなくなるため、中学社会の内容も見直す

英語の授業は原則英語で行う

高校

公民に必修科目「公共」を新設する

日本と世界の近現代史が中心の「歴史総合」と

国際理解や防災などを扱う「地理総合」を新設する

国語や外国語の科目も再編する