早大セミナーへようこそ!

秋田県公立高校入試の新制度について(1)

来月中学校の入学式を迎える生徒たちが受験する2023年度から、秋田県公立高校入試が大きく変わります。その新制度について何回かに分けて解説していきたいと思います。

まず、最大の特徴は、現在1月下旬に行われている「前期選抜」を「特色選抜」に改め、3月上旬に一般選抜と同じ日程・試験問題で実施するということです。

現行制度では、3教科の学力検査と面接で行う「前期選抜」、
5教科の学力検査と面接で行う「一般選抜」、
定員に満たなかった学科で行う「2次募集」と3回の受験機会があります。

それに対し、新しい制度では3月上旬の同じ日に「特色選抜」と「一般選抜」を同じ5教科の学力検査と面接を課して実施します。
2種類の選抜は併願可能で、どちらかが不合格となっても、もう一方で選抜される機会があります。

2次募集については現行通りとなります。